2019年8月21日(水)

米同時テロ10年、NYで追悼式典 犠牲者名を読み上げ

2011/9/12付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=弟子丸幸子】2001年9月の米同時テロから丸10年を迎えた11日朝(日本時間同日夜)、ニューヨークの世界貿易センタービルの跡地で追悼式典が開かれた。オバマ米大統領夫妻、ブッシュ前大統領夫妻ら多数の要人が参列。国際テロ組織アルカイダ工作員が乗っ取った民間航空機の突入で命を失った約3000人の犠牲者の冥福を祈った。

追悼式典では同センターのツインタワー2棟に航空機が突撃した時間など6つの時刻に合わせて鐘を鳴らして黙とう。遺族が犠牲者の名をひとりひとり読み上げた。オバマ大統領は演台に立ち、旧約聖書の詩編の一節を朗読。元サイモン&ガーファンクルのポール・サイモン氏や世界的チェロ奏者のヨーヨー・マ氏らが演奏し、犠牲者への哀悼の意をささげた。

同日朝には首都ワシントン近郊の国防総省や、首都を標的にしていたとされる航空機が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルでも追悼式典が開かれた。

米同時テロから10年。追悼式典で犠牲者全員の名前が読み上げられた(11日)

米同時テロから10年。追悼式典で犠牲者全員の名前が読み上げられた(11日)

オバマ大統領はニューヨークでの式典出席後、シャンクスビルと国防総省をそれぞれ訪問。同日夜にワシントンで開く追悼コンサートに出席し、同時テロ10年に関して演説する予定だ。

各地では厳戒態勢が敷かれ、ニューヨークでは追悼式典の会場周辺が通行止めになった。

2001年9月11日に起きた同時テロではアルカイダ工作員19人が民間航空機4機を乗っ取り、世界貿易センターのツインタワー、国防総省に相次ぎ激突、ワシントンが標的だったとされる残る1機がシャンクスビルに墜落した。犠牲者は日本人24人を含めて計2977人にのぼり、史上最悪のテロとなった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。