/

この記事は会員限定です

変わるiPhone舞台裏 14年モデル製造は4社体制か

[有料会員限定]
 米Apple(アップル)は、現地時間2013年9月10日、iPhoneの2013年モデルとなる「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の2機種を発表した。今回の目玉は、米国で2年契約を前提とした販売価格が99ドル(16Gバイト版の場合)と、100ドルを切る廉価版iPhone 5Cの投入。これは今後の成長が見込める中国など新興国への「iPhone経済圏」拡大を狙った戦略である。実はAppleは、こうした消費者の目に見える「表の動き」と同時に、「裏の動き」も積極的に進めているという。iPhoneの製造を請け負う台湾企業関係者の間では、「次の2014年モデルでは生産体制を現在の2社から3~4社に拡大する」という情報が飛び交っている。EMS(電子機器の製造受託サービス)/ODM(相手先ブランドによる設計・生産)企業・市場に特化した情報サービスを提供するEMSOne編集長の山田泰司氏に解説してもらう。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2203文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン