ビッグデータ活用「災害予測や医療で」 米サンディスク副社長

2012/6/11付
保存
共有
印刷
その他

「世界ICTサミット2012」(日本経済新聞社、総務省共催)では11日、企業経営者らが「ビッグデータが生み出す新ビジネス」をテーマに討論を開き、ビッグデータの活用法や、利用に必要な情報保護のあり方などについて意見を交わした。

米サンディスクのグレッグ・ゴールズ副社長はビッグデータ活用の効果について「自然災害の予測や医療など、人々の生活に大きな影響を与え、いろんな応用ができる」と指摘。日立製作所の渡部真也常務も「自動車メーカーが持つ運転者の属性データを保険会社が活用して販売戦略を考えるなど、企業・業種を超えた協業ができるようになる」と強調した。

個人情報保護との兼ね合いを巡っては、カナダのオープンテキストのトム・ジェンキンス会長が「データの活用で事前に消費者の同意を得ていたとしても、経営者はその使い方に極めて慎重になるべきだ」と提言。ノルウェーのシーセンスのジョン・マーカス・ラービック最高経営責任者(CEO)も「個人が特定されるようなデータは、それ以外のデータと区別し、本来の目的以外での使用は極力控えるべきだ」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]