/

ミャンマー地震、4人死亡 50人以上が負傷

(更新)

【バンコク=共同】ミャンマー政府当局によると、中部ザガイン地域で11日午前7時42分(日本時間同10時12分)ごろ、マグニチュード(M)6.8の地震があった。国営テレビによると、4人が死亡、50人以上が負傷した。M5.0規模を含む余震も起きた。

国営テレビによると、ザガイン地域のシュエボでは建設中の橋が崩れて1人が死亡、4人が行方不明になった。さらに住宅地の壁が崩れたために女性1人と男性1人がそれぞれ死亡。同国第2の都市があるマンダレー地域でも1人が死亡した。

シュエボとマンダレーの両地域では多くの民家や学校、仏教施設などが損壊、一部のショッピングセンターは営業を一時中止したという。

米地質調査所(USGS)によると、震源地はマンダレーの北116キロ、震源の深さは9.8キロ。地震規模についてUSGSは当初、M7.0と発表したが、6.8に下方修正した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン