/

最優秀賞は「対話できるテレビ」、TBSがハッカソン開催

TBSは2014年3月9日、同社が実施したアイデアソンおよびハッカソン(アイデア創出やサービス開発を短期間で競うイベント)「TBS TV HACK DAY」の成果発表会と表彰式を開催した(写真1)。

写真1 「TBS TV HACK DAY」の参加者による記念撮影
写真2 「TBS TV HACK DAY」のハッカソンの様子

今回のテーマは、「未来のテレビの楽しみ方を追求するアプリケーションやWebサービス」。テレビ局が主催するハッカソンという意外性や身近なテレビをハックする楽しさ、最優秀賞の賞金が100万円という魅力もあり、参加希望者が殺到したという。

写真3 最優秀賞を受賞した「テレブー」

3月8日と9日に行われたハッカソンに参加したのは8チーム(写真2)。このうち、1チームのみ2作品を作成したので合計9作品が、9日の発表会で披露された。

最優秀賞として選ばれたのは、「ガッチリ!ハッカソン」チームが作成した「テレブー」(写真3)。小型のぬいぐるみである「テレブー」に話しかけることで、チャンネル選択などの操作をできるようにした。

テレブーには、マイクとスピーカー、マイコン、赤外線リモコンが組み込まれている。テレブーに話しかけると、NTTドコモの雑談API(Application Programming Interface)や番組情報APIなどを通じてサーバーに問い合わせる。そして最適なチャンネルを受け取って音声で回答すると同時に、テレビを操作する仕組みだ。設置場所としては、テレビのフレームに備え付けることも、モーターで自走させることもできる。

優秀賞は、4項目の審査クライテリアごとに贈られた。アイデア賞は「lighTV」。テレビ番組の内容によって、リビングの照明の色などを制御するサービスである。デザイン賞は「テレ婚」。同じテレビ番組を見ている男女をスマートフォンを通じてカップリングし、チャットなどでコミュニケーションできるようにした。

完成度賞は「Conductor」。人のジェスチャーを読み取ることができるデバイス「Leap Motion」を使って画面の登場人物を丸かこみしたり、Musicの「M」を入力することで、テレビ番組の登場人物検索や商品購入、音楽検索などができるようになる。開発したライブラリは、オープンソースとして公開した。プレゼン賞は、最優秀書を獲得したテレブーがダブル受賞した。

審査員長を務めたEast Ventures パートナーの松山大河氏は、「いずれの作品もレベルが高い。テレビ業界とネット業界の融合から新しいことが生まれるだろうと感じた」とイベントの意義を評価。そのうえで、「それにしてもすごい時代になった。ノートパソコン1台で社会に影響力のあるコードを書けば、世界中の人たちに向けて伝播させることができる、と改めて実感した」と語った。

(日経BPイノベーションICT研究所 菊池隆裕)

[ITpro 2014年3月10日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン