2019年6月24日(月)

シェール革命の恩恵どこへ 割れる米産業界  本社コラムニスト 脇祐三

(1/2ページ)
2013/1/17 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

非在来型の石油・ガス資源の開発進展に伴い、米国では経済再生と国際競争力回復への期待が広がってきた。一方、安価な資源は国内で活用すべきだとして、日本が期待する米国からの液化天然ガス(LNG)輸出に反対する声も根強い。

米エネルギー情報局(EIA)が年初に発表したリポートによると、昨年の米国の天然ガス生産量は5年前より3割以上増えた。産油量もこの間に3割近く増え、石油の純輸入量は4割近く減った。米国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報