2019年3月23日(土)

村上春樹氏、ノーベル文学賞予想トップ 英賭け屋

2012/9/11付
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】世界最大規模のブックメーカー(賭け屋)、英ラドブロークスは10日までに、10月中旬に発表されるノーベル文学賞受賞者を予想するオッズ(賭け率)を発表し、日本の作家村上春樹氏に8倍(10日現在)とトップの評価を付けた。

2位は、歌詞の文学性が評価される米国のフォーク歌手ボブ・ディラン氏で11倍、3位は現代中国を代表する作家莫言氏と、オランダの作家セース・ノーテボーム氏で13倍だった。

村上氏は別のブックメーカー「ユニベット」でも2位に予想されている。1位は莫言氏。

村上氏は昨年、人文科学分野で功績のある人物に贈られるスペインのカタルーニャ国際賞を受賞。ベストセラー小説「1Q84」の英語版も昨年、米国と英国で出版された。

昨年のノーベル文学賞はスウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏が受賞。日本人ではこれまでに川端康成氏(1968年)と大江健三郎氏(94年)の2人が受賞している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報