「実験で見えない」を解明、設計向上促すシミュレーション

(1/5ページ)
2014/4/22 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 CAE(コンピューターによるエンジニアリング)によるシミュレーションの可能性が多様化してきた。かつては、もっぱら試作品による実験を置き換えてコストや開発期間を削減することが目的だった。しかし最近、実験では引き出し切れない結果を得ることを目的にしたシミュレーションが盛んに試みられるようになってきた。製品に関わる現象の深層が明らかになることで、設計が根本的に変わるとの期待がある。

乗用車がコンピュー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]