/

富士山入山料で廃棄物処理も――山梨知事

山梨県の横内正明知事は10日の定例記者会見で富士山の入山料の使い道について「(廃棄物処理のための)クリーンアップ作戦に使うこともありうる」と述べ、富士山の5合目よりも下にある廃棄物処理に活用する考えを表明した。7月25~8月3日に5合目から山頂を目指す登山者から任意で1000円を徴収し、来年から本格徴収して具体的な事業に使う予定。静岡県の川勝平太知事は9日に「5合目より上に登る人からいただくお金なので、5合目以上の登山道や山小屋、標識の整備など環境保全に必要なものに使うことになると思う」と述べている。横内知事は「両県にはそれぞれ事情があり、やり方が違ってもいい」と述べ、入山料の使い道について考え方が分かれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン