/

この記事は会員限定です

造船各社が開発を本格化 CO2ゼロの船も

〔徹底図解〕エコシップの仕組み

[有料会員限定]

日本の造船各社は現在、厳しい受注競争のさなかにある。円高や鋼材価格の上昇で受注が冷え込む中、低コストを売りものにする中国と韓国が受注を伸ばしている。

こうした中、日本の造船各社が力を入れるのが、船舶のCO2(二酸化炭素)排出を大幅に削減するエコシップだ。国連機関の国際海事機関(IMO、下掲の「用語解説」を参照)で船のCO2排出規制に向けた動きが活発になっており、国内各社が開発を本格化させている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン