/

アップルがiOSアプリの開発制限を緩和、開発にFlashも使用可能に

米Apple社は2010年9月9日,同社の「iPhone」や「iPad」などに向けたOS「iOS」に対応したアプリケーション・ソフトウエア(以下,アプリ)の開発者とのライセンス規約「iOS Developer Program License Agreement」を改定したと発表した。今回の改定でiOS向けアプリの開発に関する制限が緩和され,米Adobe Systems社の「Flash」などの他社製の開発ツールをiOS向けアプリの開発に利用できるようになった。

Apple社は2010年4月に「iPhone OS 4」(現在のiOS 4)を発表して以降,iOS向けアプリの開発に使用可能なプログラミング言語をライセンス規約で制限してきた。Adobe Systems社の「Flash Professional CS5」は,iOS向けアプリを直接出力できる機能を備えているが,この制限のため,これまでiOS向けアプリの開発には利用できなかった。今回廃止されたのはこの制限である。ただし,iOSはFlashに対応していないため,Webページの表示にはFlashは依然として使えない。

改定されたのは,ライセンス規約の「3.3 Program Requirements for Applications」の中にある3.3.1,3.3.2,3.3.9の三つの項目。このうち3.3.1は以下のように変更された。

【改定前】
3.3.1 Applications may only use Documented APIs in the manner prescribed by Apple and must not use or call any private APIs. Applications must be originally written in Objective-C, C, C++, or JavaScript as executed by the iPhone OS WebKit engine, and only code written in C, C++, and Objective-C may compile and directly link against the Documented APIs (e.g., Applications that link to Documented APIs through an intermediary translation or compatibility layer or tool are prohibited).
【改定後】
3.3.1 Applications may only use Documented APIs in the manner prescribed by Apple and must not use or call any private APIs.

プログラミング言語の制限に関する文言(改定前の2文目以降)が削除されているのが分かる。3.2.3では,アプリの中から実行コードをダウンロードすることが禁じられている。3.3.9は,ユーザーや端末のデータの収集に関する制限だ。

同時にApple社は,これまで公開していなかったiOS向けアプリの審査基準「App Store Review Guidelines」も公開した(閲覧には開発者向けライセンスが必要)。

(日経エレクトロニクス 大森敏行)

[Tech-On! 2010年9月10日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン