県立高校がiPad導入で模索する「10年先の未来型学習」
ジャーナリスト 石川 温

(2/3ページ)
2011/11/11 7:00
保存
共有
印刷
その他

発表した生徒の画像データは、クラウドサービスの「DropBox」に保存。生徒全員がこの画像を共有した。

情報コミュニケーションの授業では、生徒がiPad2を使って自身でまとめた資料を発表する

情報コミュニケーションの授業では、生徒がiPad2を使って自身でまとめた資料を発表する

続く「情報コミュニケーション」の授業では、生徒一人ひとりがiPad2を使い、自分の地元には何があり、どんなことが有名かといった内容をプレゼンテーションした。生徒はiPad2で撮影し、ウェブを調べ、プレゼンテーションソフトでまとめた結果を発表した。ほとんどの生徒は、説明がうまく簡潔にプレゼンをこなしていく。高校生とは思えない生き生きとした発表ぶりに驚かされた。

■ルールの作成から運用までを生徒に任せる

情報コミュニケーション科では、導入して半年の間に様々な授業でiPad2を活用してきた。地学の授業では米グーグルの地図サービス「Google Earth」を使い、地図帳を見ただけではではわからない地形の特徴について学び、国語の授業では漢詩を鑑賞したあとで作者の心情風景を考察し、テキストや写真、音楽を組み合わせて、作者の気持ちや作品の世界観を表現した。英語では、英単語の勉強にアプリを活用。自分の発音を録音して、聞き直すといった用途に活用した。漢字の学習ではアプリを駆使して生徒がオリジナルの問題を作り、これを生徒同士で出し合うことも行っている。

台風上陸時に生徒に授業の有無を知らせると言った緊急連絡にもiPad2を使う。ミニブログの「Twitter(ツイッター)」の非公開ツイート機能を使って知らせている。「そういったときはこれまで学校に電話が殺到していた。ツイッターで流すことで、生徒全員にスムーズに伝えられた」(永野教諭)という。

モバイル機器を学校に導入するにあたって気になるのが「使い方のルール」だ。iPad2は、いつでもどこでもインターネットにつなげられアプリで遊べる。授業中にゲームに没頭する生徒はいないのだろうか。

「コンテンツには、アクセスポイントでフィルタリングを施して(校内で見てはいけないものを除外して)いる。導入にあたっては、教員がルールを決めて生徒に押しつける、ということはしなかった。生徒同士に話し合わせ、自分たちでルールを決めさせた。結果、授業中にゲームをやる生徒は全くいない」(永野教諭)。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]