/

松坂、インディアンスとマイナー契約

米大リーグのインディアンスは10日(日本時間11日)、レッドソックスからフリーエージェント(FA)になっていた松坂大輔投手(32)とマイナー契約を結んだと発表した。健康診断をパスすれば、12日から始まる投手陣の練習に参加、先発の5番手争いをすることになる。

2007年にレッドソックス入りした松坂は同年の世界一に貢献。しかし、11年に右ヒジの手術を受け、復帰した12年は1勝しかできず、防御率は8.28。大リーグ通算は50勝37敗、防御率4.52。

インディアンスは今季から、11年までレッドソックス監督を務めていたフランコーナ氏が率いる。(ニューヨーク=原真子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン