/

この記事は会員限定です

米国に「燃費気にしない」機運、技術戦略に転換迫るか

エコカーは消えるのか(下)

[有料会員限定]
 同じ熱量当たりで比べると、価格が原油の4分の1以下のシェールガスはクルマの燃料としても使える。一方で、シェールオイルの増産が世界的に進んで原油の生産量が大幅に増えれば、ガソリン価格の低下も期待できる。ガソリン価格が下がれば、低燃費であることに対するニーズは減退し、エコカーの存在意義が揺らぐ可能性が出てくる。「エコカーは消えるのか」の後編では、シェール革命がクルマ分野に及ぼす影響について、主にシェールガスから造り出す水素や液体燃料の利用の可能性、そしてクルマ産業全体へのインパクトについて見ていく。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3205文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン