/

国枝が2連覇、車いすテニス 伊藤は銀3個目

ロンドン・パラリンピック、車いすテニス男子シングルスで2連覇し、金メダルを手にポーズをとる国枝慎吾(8日)=共同

【ロンドン共同】ロンドン・パラリンピック第11日は8日、五輪スタジアムなどで行われ、車いすテニスの男子シングルス決勝で、国枝慎吾(千葉県)がステファン・ウデ(フランス)を6-4、6-2で下して2連覇を果たし、金メダルを獲得した。

陸上男子200メートル(車いすT52)決勝で、伊藤智也(三重県)が31秒60で、今大会3個目となる銀メダルを獲得した。同400メートル(切断などT44)では、ロンドン五輪にも出場したオスカー・ピストリウス(南アフリカ)が制した。

同走り高跳び(切断などF46)の鈴木徹(山梨県)は4位でメダルに届かなかった。開会式で旗手を務めた競泳の木村敬一(東京都)は、男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)決勝で8位に終わった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン