/

この記事は会員限定です

カタール、首長の生前譲位と実力首相退任の背景

本社コラムニスト 脇祐三

[有料会員限定]

カタールのハマド首長(61)がタミム皇太子(33)に首長位を譲った。アラブの君主の生前の譲位は異例だ。実力者のハマド・ビン・ジャシム首相兼外相(53)の退任も含む人事劇には、首長制を安定して継続させる計算がある。

関連記事
・6月26日Financial Times「Qatar's emir leads shift to youth」
・6月27日日経朝刊6面「カタール、対日政策維持へ」
・6月29日Financial Times「The matriarch of the modern Gulf steps out of the spotlight」
・7月5日Financial Times「Qatar: what next for the world's most aggressive deal hunter?」
・7月7日日経ヴェリタス「カタール、『介入外交』見直し?」

アラブの現代史で、親子、兄弟、近親者が君主の座を争うのは珍しくない。カタールでも1972年に当時のアハマド首長のいとこハリファ氏が無血クーデターで首長となった。95年にはハリファ首長の外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン