2019年8月26日(月)

本命は「SANAA+日建設計」か「ザハ」か 新国立競技場コンペ
建築専門サイト調査

(1/5ページ)
2012/11/9付
保存
共有
印刷
その他

建築専門サイト読者が選ぶ最優秀案は「ザハ・ハディド・アーキテクト」の作品――。ケンプラッツが新国立競技場国際コンペの最終審査に先立って実施した、読者による独自審査の中間結果によると、2位以下を大きく引き離し、ザハ作品が多数の支持を得ている。同コンペの1次審査を通過した11作品の外観パースと内観パースを基に投票してもらった。新国立競技場は2019年の完成を目指す。

ケンプラッツ読者による投票は11月2日に開始。コンペに対する関心は高く、11月6日午後5時までに548人が投票に参加した。回答者の年齢は20~29歳が60人、30~39歳が123人、40~49歳が173人、50~59歳が112人、60歳以上が77人、無回答3人。

「あなたが選ぶ最優秀案はどれか」という設問に対し、11作品から1つだけ挙げてもらったところ、上位3作品だけで全回答者の10%以上の支持を集めた。1位はザハで、152票(28%)と圧倒的な支持を集め、2位以下に大差をつけている。2位はSANAAと日建設計のチーム(以下、SANAA+日建設計)で96票(18%)、3位はドレルゴットメ・タネ/アーシテクト&アー+アーシテクチゥールで78票(14%)。

■ザハ作品は「独創性」「ランドマーク性」が高評価

各作品は屋根のデザインに特徴がある。自らが最優秀案に選んだ作品について、印象に残ったパースを聞いたところ、外観パースを挙げる回答が多かった。それぞれデザインの何が優れていると読者は判断したのか。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。