/

4K映像を家庭へ LGは地上放送、サムスンはVOD

4K×2K(3840×2160)画素の映像(4K映像)を家庭に届けるための取り組みを、大手エレクトロニクス・メーカーが本格化している。2013年1月11日まで米国ラスベガスで開催中の民生機器関連の展示会「International CES 2013」では、ブース内の展示にその様子が表れた。

韓国のLG Electronics(LG電子)とSamsung Electronics(サムスン電子)は、それぞれ4K映像の「地上放送」と「配信」の実験を始めたことをブースでアピールした。ソニーも2013年夏に4K映像配信サービスを始めることを明らかにしている。各社は家庭に映像を届ける環境を整えることで、4K映像に対応した大画面テレビ(4Kテレビ)の需要を掘り起こしたい考えだ。

LG Electronicsは、4K映像を地上放送と同じ枠組みで液晶テレビに送信する実験を同社ブースで見せている。同社は、韓国の公共放送局KBSと共同で4K映像の試験放送の実験を進めている。今回のデモでは、この実験と同様の技術で4K映像を84型の4K液晶テレビに"放送"しているという。「単に映像を表示しているのではなく、会場内で流した電波を実際に受信した映像だ」と、LG社の説明員は話した。

デモで用いている受信用アンテナ
LG社の4K放送のデモの様子

実験で用いている放送方式は、欧州のデジタル放送規格「DVB-T2」。放送波の帯域幅は6MHzである。4K映像のフレーム速度は60p。動画圧縮技術「High Efficiency Video Coding(HEVC)」を用いて、符号化速度35Mビット/秒で符号化する。

この圧縮技術は、動画圧縮技術の国際標準化団体「Moving Picture Experts Group(MPEG)」と「Video Coding Experts Group(VCEG)」の共同チームが標準化を進める次世代の国際標準規格だ。現行規格の「H.264/MPEG-4 AVC」で実現している圧縮率を2倍に高めることを目標にしており、4K映像への応用で期待が大きい。HEVCを用いることで、放送での利用が多いMPEG-2で圧縮するよりも符号化効率が75%以上高まったという。

Samsung社のHEVCのデモ
Samsung社による4K映像配信のデモの様子

Samsung Electronicsは、インターネットを用いたVODサービス大手のNetflixと共同で4K映像のストリーミング配信技術の検討に着手している。CESの同社ブースでは、共同検討を進めている配信技術を使った4K映像のストリーミング配信の展示を見せた。この他、SamsungはHEVCで圧縮したフルHD(1920×1080画素)映像を配信し、同社の液晶テレビの最新機種で表示するデモも展示している。

(Tech-On! 高橋史忠)

[Tech-On! 2013年1月9日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン