/

この記事は会員限定です

この5点をふまえて"交流"せよ

マーケティング大転換(1)

[有料会員限定]
 「Ameba」「mixi」「GREE」「モバゲータウン」「Twitter」といった国内で人気の高い主なソーシャルメディアの利用者は、いずれも1000万~2000万人規模まで拡大。その躍進ぶりはとどまるところを知らず、企業のマーケティング戦略は大転換を迫られている。これまで「ターゲット(標的)」として囲い込み、「刈り取る」などと表現してきた顧客を、真に企業の「パートナー」と位置付けて交流を深めていける企業が優位に立つ。日経ネットマーケティング誌は、顧客をパートナーにしつつある先進企業の取り組みを徹底取材。大転換のポイントを5つにまとめた。ソーシャルメディア時代を生き抜く知恵がここにある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン