2019年2月20日(水)

AKB人気は本当か 新世代の音楽チャート作れ

(4/4ページ)
2014/4/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

集計期間の3月10~16日はアナと雪の女王が劇場公開された週であり、ワン・ダイレクションもNTTドコモがテレビCMを大量投下し注目度が急上昇したタイミング。多くの消費者が1度は耳にしたであろう楽曲が上位に来ており、CD販売ランキングだけでは説明がつかない人気の様子が見て取れる。

指標別にチャートを並べ替えてみても興味深い。CDレンタルだけのチャートでは、ポップスグループSEKAI NO OWARIが昨年5月にリリースした「RPG」が24位(総合は97位)。総合182位だった女性ダンスグループE-Girlsの「ごめんなさいのKissing You」も昨年10月の発売ながら33位となった。レンタルではロングヒットも少なくないわけだ。

RPGは11年にメジャーデビューしたSEKAI NO OWARIの代表曲。ただ旧譜のため、現在はCDショップの店頭を眺めると目立たない場所に置かれている。ところが「セカオワ(グループの通称)の存在を親友から教えてもらい、CDを借りたら大好きになった」(都内在住の高校生のファン)というケースが少なくない。口コミで人気の裾野が広がり、スマートフォン(スマホ)で毎日聴こうとパソコンでCDを録音するファンが次々と現れている実態がチャートから読み取れる。

EXILEの妹分として11年にデビューしたE-Girlsは、歌って踊れてかわいいと同世代である女子中高生の間で熱狂的な人気がある。礒崎次長は「彼女たちをまねしてカラオケで歌って踊りたいファンが多いのではないか」と推測する。実際カラオケ店「ジョイサウンド」を運営するエクシング(名古屋市)によると、3月に店内で歌われた曲のランキングで同曲は14位。CDは買わないが、レンタルとカラオケで夢中になって音楽を楽しんでいる若者の姿が、チャートからも裏付けられたといえよう。

■次はワールドチャートを作りたい

ホット100はビルボードのウェブサイトで誰でも無料でみられる。将来的にはレコード会社向けに有料サービスも始めたい考え。600位までのランキングを公開し、指標別に分析できる機能などを検討している

ホット100はビルボードのウェブサイトで誰でも無料でみられる。将来的にはレコード会社向けに有料サービスも始めたい考え。600位までのランキングを公開し、指標別に分析できる機能などを検討している

ビルボードは現状に満足していない。礒崎次長は「さらに正確に世相を反映すべく精度を高めたい」と将来展望を明かす。アップル以外のネット配信事業者にアプローチし、売り上げデータを供給してもらえないか交渉を進めたい考えだ。ユーチューブの再生回数など、米国で対応済みの指標についても国内のデータが入手できないか、グーグルなどに打診していく。米国ではリアルタイムで人気チャートを更新する試みのため、米ツイッターと提携している。

「最終的なゴールはワールドチャートの創出。その前に『環太平洋版ホット100』を数年後に作りたい」(礒崎次長)。ビルボードはカナダなどでも音楽チャートを集計しており、各国のデータを合算すれば原理的には国境を越えたランキングが作り出せる。

海外の大物タレントと同じ土俵で勝負できるワールドチャートができれば、日本人アーティストが海外を意識した創作活動を始める契機になるはず。今回のビルボードの取り組みでは、アイドルブームの中でもファンの支持を再確認でき大いに勇気づけられた歌手やバンドも多いはず。ランキングには力があるわけで、2020年に控える東京五輪に向けて、言語の壁で守られ「鎖国」状態だとの声も上がる日本の音楽市場の姿そのものが数年後にがらりと変わってもなんら不思議ではない。

(電子報道部 高田学也)

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報