/

この記事は会員限定です

永田町アンプラグド 「細川・小泉」あるか2度目の連携

[有料会員限定]

細川護熙元首相の東京都知事選への出馬検討は、小泉純一郎元首相の支援取り付けが前提となっている。ともに「脱原発」を掲げる首相経験者が連携すれば20年ぶりのことになる。1994年、細川氏と小泉氏は国連安全保障理事会の常任理事会入りに慎重論を唱え、党派を超えて意見が一致したことがあるからだ。

当時、細川氏はすでに首相を退いており、小泉氏は「自社さ」政権側で、二人は野党と与党で対峙していた。結びつけたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン