/

この記事は会員限定です

シャープの上を行くビジオの業務モデル 水平分業ですらもう古い

[有料会員限定]

米国の大手テレビメーカー(ベンダー)であるビジオ(VIZIO)社は、商品企画から設計、製造、販売店への商品配送に至るまでの業務を大胆に委託。それが原因の一つとなって韓国サムスン電子に次ぐ北米第2位の地位を確保した――。こう筆者は前回の記事「シャープが負けた本当の理由 米ビジオに見る成功の法則」に記しました。しかし、すみません。それはもしかしたら誤解を招いたかもしれません。

ビジオとその主要なテレビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン