2018年11月13日(火)

96%がアンドロイド端末狙い 世界のモバイルウイルス

2013/3/9付
保存
共有
印刷
その他

フィンランドのセキュリティ企業であるエフセキュアは2013年3月7日、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に感染するウイルス(以下、モバイルウイルス)の現状を報告した。2012年第4四半期に出現したモバイルウイルスの96%は、Android(アンドロイド)OSを搭載した端末を狙ったウイルスだったという。

図1 2010年中に出現したモバイルウイルスの、プラットフォーム(OS)ごとの割合(エフセキュアの情報から引用。以下同じ)

図2 2012年中に出現したモバイルウイルスのプラットフォーム(OS)ごとの割合

図3 プラットフォーム(OS)ごとのモバイルウイルス出現数の推移

エフセキュアによれば、Android端末の普及に伴い、Androidを狙ったウイルスが年々増加している。例えば、2010年に出現した新種モバイルウイルスの6割以上はSymbian(シンビアン)OSで動作。Androidで動作するウイルスは1割強にすぎなかった(図1)。

ところが2011年になると、Androidウイルスが急増。同年に出現した新種モバイルウイルス195種類のうち、Androidウイルスが66.7%を占め、Symbianウイルスの割合は29.7%まで低下した。

2012年になると、Androidウイルスの割合はさらに増加(図2)。四半期ごとでは、第1四半期から第3四半期までは50%弱だったが、第4四半期に96%と急増(図3)。年平均では、2011年を上回る79%に達した。

Androidウイルスの手口の1つは、有料SMS(ショートメッセージサービス)の悪用。例えば、2012年第4四半期に新たに確認されたAndroidウイルス96種のうち、21種類が有料SMSを悪用する。ここでの有料SMSとは、メッセージを送信すると課金され、受信者に料金が支払われるサービスのこと。

Android搭載機器に感染したウイルスは、攻撃者が用意した有料のSMSにメッセージを送信。ユーザーの知らないうちに課金され、料金は攻撃者に支払われる。同社によれば、比較的容易に金銭を奪取できるため、この手口がよく用いられるという。

なお、この手口のターゲットになるのは、主にロシアや欧州のユーザー。日本国内では有料SMSは提供されていないので、国内ユーザーが被害に遭うことはない。

(日経パソコン 勝村幸博)

[PC Online 2013年3月8日掲載]

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報