/

KDDI、夏のスマホ新モデルなど8機種を発表

日経パソコン

KDDIは2014年5月8日、スマートフォン(スマホ)の新モデル6機種とタブレット2機種を発表した。このうち6機種は通信速度を最大150Mbps(ビット/秒)と高めたLTE-Advancedの「キャリアアグリゲーション」(CA)と、最大110Mbpsの「WiMAX 2+」の通信機能を搭載した。スマホのアプリで入金できる電子マネーサービスの「au WALLET」も発表した。

スマホは5型以上の大画面と3000mAh前後の大容量バッテリーを搭載する機種を複数揃えた。4K(画素数がフルハイビジョンの4倍)動画が撮影できる「Xperia ZL2 SOL25」「isai FL LGL24」、約0.3秒の高速オートフォーカス搭載カメラを内蔵する「GALAXY S5 SCL23」、液晶周囲の枠を狭くした「AQUOS SERIE SHL25」、防水防塵機能を備える「URBANO L03」がある。これらの機種はCAとWiMAX 2+の通信機能を搭載する。

タブレットでも薄型軽量の「Xperia Z2 Tablet SOT21」が2つの通信方式に対応する。「auはこの2つに対応することで、業界の中で最高の速度を目指す」(田中孝司社長)と意気込んだ。

米国国防総省の調達基準に準拠した頑丈さを持つ「TORQUE G01」、米インテルの新型CPUであるAtom Z3580を備える8型タブレットの「MeMO Pad 8」もラインナップに加えた。このほか、根強いファンがいるとする台湾HTCの「HTC J」シリーズについても今後新モデルを投入する方針を示した。

au WALLETは、au携帯電話やauひかりなどの契約者を対象とした電子マネーサービス。ユーザーは専用の電子マネーカードを使い、マスターカード加盟店で決済できる。電子マネーで決済した際には200円で1ポイントを付与する。たまったポイントは携帯端末の購入代金や通信料金の支払いに利用できる。カードにはスマホのアプリを使うなどの方法で入金(チャージ)できる。

セブン-イレブン、マツモトキヨシ、ファミリーレストランのココスなど提携店舗ではポイント付与率を高くする。auショップに設置した専用端末にカードをかざすと抽選で最大3000ポイントを付与するなどのキャンペーンも実施する。「ポイント付与はユーザー還元」(田中社長)と説明し、ユーザーの満足度向上につなげる考えを示した。電子マネー事業参入の理由として「お金とポイントが回る仕組みを構築し、ユーザーがスマホを使うだけでなく、リアルな世界での接点を深めたい」と説明した。

(日経パソコン 松元英樹)

[ITpro 2014年5月8日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン