/

ソニーが56型の4K有機ELテレビ、酸化物半導体TFTを採用

図1 発表会後、4K有機ELテレビの前には多くの報道関係者が集まった

ソニーは、フルハイビジョンの約4倍に相当する高解像度の映像を表示できる、「4K(4K×2K)」対応の有機ELテレビを試作した。画面サイズは56型で、韓国のLG電子やサムスン電子が発売を予定する製品より1インチ大きい(

図2 4K有機ELテレビのソニーブース内での展示の様子

図1)。

ソニーは試作品を、国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」に出展する。米国時間2013年1月8日の開幕前日に開いた記者発表会で、同社社長兼CEO(最高経営責任者)の平井一夫氏が披露した。

今回は参考出展で製品化時期や価格などは未定だが、同氏は「ソニーの業務用有機ELモニターは既に量産品として実績がある。なかなか製品が登場しない有機ELテレビもあるが」と、ライバルの韓国メーカーの現状を引き合いに出しながら、自社の技術に自信を見せた(図2)。

今回採用している有機ELパネルは、台湾AUOとの共同開発品である。駆動素子には、有機ELパネルで採用が一般的な低温ポリシリコンTFTではなく、酸化物半導体TFTを採用した。

酸化物半導体は、通常は絶縁状態になりやすい酸化物でありながら、半導体の性質を持つ。シャープの「IGZO(In-Ga-Zn-O、通称イグゾー)」が代表例だ。この酸化物を用いた駆動素子は、高精細化や低消費電力化の切り札としてディスプレイ分野で大きな関心を集めている。

今回の発表会でソニーは具体的な酸化物半導体の組成は明かさなかった。酸化物半導体TFTを採用した理由としては、低温ポリシリコンTFTにはパネルの大型化に難があることや、テレビに用いるためにパネルの応答性能を十分に速くしやすいことなどを挙げた。

有機ELの素子構造は、ソニーが「スーパートップエミッション」と呼ぶ方式を用いた。この方式は既に業務用の液晶モニターで製品への採用実績がある。パネル上面から光を取り出す構造を採るため、開口率(断面積に対して光が通過する部分の面積の比率)が高い高輝度のパネルを実現しやすい。

(Tech-On! 高橋史忠)

[Tech-On! 2013年1月8日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン