捕鯨「沿岸だけに」56%
第173回 編集委員 大石 格

(1/3ページ)
2014/4/9 6:00
保存
共有
印刷
その他

日本は捕鯨を続けるべきか、やめるべきか。電子版読者の回答で最も多かったのは「遠洋での調査捕鯨はやめ、沿岸だけにする」(56.5%)でした。「沿岸も含め全面的にやめる」(19.6%)と合わせると4分の3超が捕鯨にこだわっていませんでした。

まずは国際司法裁判所(ICJ)の判決の是非です。妥当が多かったものの、大差ではありませんでした。

妥当と答えた読者は「もっともな判決」という人と「欧米相手に勝てるわけがない」という人に大別されました。

○商業捕鯨と区別できないという判決理由は致し方ない(50歳、男性)

○調査であれば捕獲量は変わらないはず。それが消費量が少ないので……という説明では「調査ではない」となるのは必至(45歳、女性)

○客観的にみて取りすぎ(48歳、男性)

○南極海は日本の海ではない(43歳、男性)

○食文化の違う国の判事が多数を占めている(74歳、男性)

では、不当とみる読者はどんな見方でしょうか。

○西欧の価値の押し付け(60歳、女性)

○鯨は頭がよいから、かわいそうだから、という理由も加味されている(45歳、男性)

○豪州ではカンガルーを射殺している。なぜ日本は提訴しないのか(68歳、男性)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他


電子版トップ



[PR]