iPadと動画が変えた戦術 女子バレー飛躍の舞台裏
スポーツを支えるIT(2)

(1/5ページ)
(1/5ページ)
(1/5ページ)
2011/8/16 7:00
保存
共有
印刷
その他

2010年11月、バレーボールの女子世界選手権で日本チームは、32年ぶりの3位となり銅メダルを獲得した。話題になったのは、代表監督の真鍋政義氏が米アップルのタブレット端末「iPad」を手に持って選手に声をかけ続けていた姿だった。緊迫した試合中でも、監督は試合中に刻々と変わる様々なデータを閲覧しながら、スパイクの調子がよい日本チームの選手に球を集めたり、レシーブが苦手な相手の選手を攻めたりするなど…

保存
共有
印刷
その他

関連記事

関連キーワード

電子版トップ



[PR]