特捜検事起訴、元局長の「冤罪」はこうしてつくられた

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2010/10/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省の元局長の無罪判決が確定した郵便料金不正事件は、捜査を担当した主任検事が捜査資料を改ざんしたとして起訴され、さらにその上司だった当時の大阪地検特捜部長らが改ざんを隠ぺいしたとして逮捕されるという前代未聞の事態に発展した。元局長を有罪とするために行ったとみられる改ざん。「冤罪(えんざい)」の危機はどうしてつくられたのか――。

村木元局長に照準絞り、構図固める

10月1日午後9時47分、大阪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]