/

この記事は会員限定です

スパコン「京」 世界最高速の仕組みを徹底図解

障害を即座に検知、6万8544個のノードを効率よくつなぐ

[有料会員限定]

理化学研究所と富士通が共同開発中のスーパーコンピュータ(スパコン)「京(けい)」が、世界で稼働中のスパコンの性能を集計している「TOP500ランキング」[注1]で1位を記録し、注目を集めている。このランキングは、1秒間に処理した浮動小数点演算の回数を競うもの。京の演算回数は約8000兆(0.8京)回。2012年の完成時には、名前通りの「1京回」を目指す。

京は、ノードと呼ぶ計算モジュールが並列で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン