/

NECが個人向けAndroid搭載タブレット2機種

NECは2013年10月8日、10.1型のAndroid(アンドロイド)搭載タブレット「LaVie Tab E(TE510)」と、7型の「LaVie Tab E(TE307)」を発表した。これまでNECはAndroidタブレットを「LifeTouch」ブランドで提供していた。今後は個人向けはLaVieシリーズとし、LifeTouchブランドの製品はビジネス向けと位置付ける。

10.1型のAndroid搭載タブレット「LaVie Tab E(TE510)」
7型のAndroid搭載タブレット「LaVie Tab E(TE307)」

LaVie Tab E(TE510)は、主に家庭内で利用することを想定した10.1型タブレット。プロセッサーには、台湾メディアテック製のMT8125(1.2GHz)を採用した。ストレージは32GBである。解像度が1280×800ドットで、視野角が広いIPS(In Plane Switching)方式の液晶ディスプレイを搭載している。OSはAndroid 4.2。バッテリー駆動時間は8時間で、重さは560gである。

SDXCに対応するカードスロットを1個搭載。無線LANはIEEE 802.11b/g/nで、Bluetooth 4.0に対応する。前面カメラの有効画素数は30万画素、背面カメラは500万画素。発売は11月1日で、価格はオープン。実勢価格は約3万5000円の見込み。

LaVie Tab E(TE307)は、ステレオスピーカーを搭載した7型タブレット。音声コーデックとしてドルビーデジタルプラスに対応するのが特徴だ。プロセッサーにはメディアテック製のMT8317(1.2GHz)を採用する。液晶ディスプレイはTN(Twisted Nematic)方式で、解像度は1024×600ドット。ストレージは16GBを搭載する。OSはAndroid 4.1。バッテリー駆動時間は7時間で、重さは350gである。

SDHCに対応するカードスロットを1個搭載する。無線LANはIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0に対応。前面のみカメラを搭載しており、有効画素数は30万画素。10月上旬に発売、価格はオープン。実勢価格は約1万8000円とみられる。

(日経パソコン 福田崇男)

[PC Online 2013年10月8日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン