/

別の科学誌でも画像に問題 理研、悪意を認定

(更新)
記者会見する理化学研究所調査委員会の渡部委員長(左)ら(8日午後、東京都墨田区)

理化学研究所の調査委員会は8日開いた会見で、STAP細胞論文の画像の切り貼りについて、論文が科学誌ネイチャーに掲載される前に、小保方氏が米科学誌「サイエンス」にも同様の論文を投稿しており、その際に画像の問題点を指摘されていたことを明らかにした。

捏造(ねつぞう)と認定された画像については「小保方氏は画像の由来を確認せずに博士論文と同じ画像を使った。確認しなければ、間違いが起こる恐れがあるのに、小保方氏はその危険性を全く無視した」と認定の根拠を説明。

小保方氏が博士論文と同じ画像をSTAP論文に使用したことについては「異なったデータが混入する危険を認識した上での行為で、起こるべくして起こった。それを事後的に修正しようとしており、過失とは言えない」と指摘し、悪意を認定したと説明した。

調査委員会は、今後の再現実験でSTAP細胞の存在が確認されても「論文に不正があったという事実は変わらない」とし、判断が揺るがないことを強調した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン