集団的自衛権のワナ 第1次世界大戦100年の教訓 (丹羽宇一郎氏の経営者ブログ)

(1/6ページ)
2014/4/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年、第1次世界大戦の勃発からちょうど100年を迎えます。安倍政権が憲法解釈の変更によって、集団的自衛権の行使容認に傾いているこの時期、第1次世界大戦の経緯を振り返ることには重要な意味があります。第1次世界大戦が今で言う「集団的自衛権の相互行使」によって、欧州だけでなく世界が2つの陣営に分かれて泥沼のような戦争にはまり込んでしまい、甚大な被害を招いた側面があるからです。

第1次世界大戦はまさに「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]