/

3連休、天気は荒れ模様 関東も大雪の恐れ

気象庁は8日、急速に発達する低気圧の影響で、東日本(関東甲信、東海、北陸)と北日本(北海道、東北)の太平洋側を中心に3連休の11~13日、降雪が強まり、大荒れの天気になる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

大雪や強風、高波のほか、積雪の多い所では雪崩にも注意が必要。

同庁によると、10日ごろに日本の南海上で発生する低気圧が、急速に発達しながら東北東に進み、12日に千島近海に達する見込み。

関東などに雪をもたらしやすい「南岸低気圧」と呼ばれる気圧配置となる見通しで、普段は雪の少ない東日本と北日本の太平洋側で内陸部を中心に大雪となり、平野部でも積もる所があるという。

一方、関東甲信地方は別の低気圧の影響で9日朝にかけ、内陸部を中心に大雪となる所があり、関東南部の平野部でも積もる恐れがある。東京都心も雪の可能性があるが、積雪とはならない見込み。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン