/

この記事は会員限定です

改憲を争点にした安倍自民に小泉氏の危惧

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

「挫折した第1次内閣からの学習効果は相当なものだが、憲法改正では変わっていない」。首相の安倍晋三の政権運営を巡り、元首相の小泉純一郎が周囲にこう漏らしたという。小泉流の権力のセオリーからは、改憲を国政選挙で争点に持ち出すのは早すぎると言いたいらしい。

96条先行改正の現実味

「衆参各院の3分の2以上と、国民投票の過半数を勝ち得るため、条文でどんな知恵が必要か考えるのは当然だ。法案でも(与野党が)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン