2019年2月24日(日)

北朝鮮、核実験準備か 「衛星画像で確認」と韓国通信社

2012/4/8 18:20 (2012/4/8 18:43更新)
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国の聯合ニュースは8日、北朝鮮が過去に2度の核実験を行った北東部の咸鏡北道吉州郡豊渓里で、3度目の核実験の準備をひそかに行っていることが、最近撮影された商業衛星の画像で確認されたと報じた。消息筋の話として伝えた。

同ニュースは、韓国の関係当局がこうした情報も踏まえ、北朝鮮が「衛星」打ち上げと主張する長距離弾道ミサイル発射に続き、核実験を強行する可能性が高いと判断しているとした。

韓国国防省報道官は2日の定例記者会見で、北朝鮮がミサイル発射後、短期間で核実験を行う可能性があるとの分析を明らかにしたが、具体的な兆候はないとしていた。

聯合ニュースによると、北朝鮮は豊渓里の核実験場内に、過去の核実験に使用したのとは別の坑道を掘削する工事を行っており、作業が最終段階に至っているもようだ。1日撮影の画像には、坑道の入り口に他の場所から運ばれてきた大量の土砂が置かれているのが捉えられており、核実験の装置を設置した坑道を実験前に埋め戻すのに使われる可能性があるという。

北朝鮮は2009年4月に長距離弾道ミサイルを発射し、5月に2度目の核実験を実施した。韓国軍は、北朝鮮の現在の動きが当時の状況と似ているとみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報