/

この記事は会員限定です

日本上陸を決めた異端の投資銀行

編集委員 梶原誠

[有料会員限定]

日立製作所は大型事業を米企業に売り、テルモは逆に米企業を買った。日本企業による海外企業との大型M&A(合併・買収)が増えている。

関連記事
・2010年3月30日日経朝刊17面「NOといえるバンカー(一目均衡)」
・1月28日米インベストメント・ディーラーズ・ダイジェスト「助言業務への忠告(バンカー・オブ・ザ・イヤー)」
・3月5日日経朝刊7面「日興・三井住友、米M&A助言会社と提携」

そんな情勢だからこそ目を引いた記事がある。日興コーディアル証券と三井住友銀行が、M&Aへの助言でならす米投資銀行のモーリスと提携したというもの。双方の顧客基盤を結び、国境を越えるM&Aにつなげる。


今週の筆者
月(企業)田中陽
火(経済)滝田洋一
竹中平蔵
慶大教授
木(市場)梶原誠
金(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン