中国甘粛省で大規模土石流 死者127人、被災5万人

2010/8/8付
保存
共有
印刷
その他

【北京=共同】中国甘粛省甘南チベット族自治州舟曲県で8日未明、豪雨に伴う大規模な土石流が発生し、中国メディアによると127人が死亡、2千人以上が行方不明となり、約70人が負傷した。軍兵士も多数動員し地元当局が救助作業や捜索活動に当たっているが、死傷者はさらに増える見通しだ。

舟曲県は甘粛省東南部の山間地にあり、被災者は5万人を超え、約4万5千人が緊急避難した。胡錦濤国家主席は8日、救援と捜索に全力を挙げるよう指示を出し、政府も緊急対策本部を設置し、温家宝首相が陣頭指揮のため現地入りした。

被災地では7日夜から豪雨となり、8日午前0時ごろ(日本時間同1時ごろ)、土石流が相次いで発生。300戸余りの住宅がある村も土石流にのみ込まれ家屋が埋まった。現地を流れる白竜江もせき止められたため大量の水が舟曲県中心部に流れ込み、多数の建物が浸水、一帯は停電となり、電話などの通信手段も不通となった。

また、小学校の校舎が倒壊し、火災も発生。主要道路では1~2メートルの泥が積もり、救援活動は難航している。下流の隴南市郊外では約1万9千人が避難し、当局はたまった水を下流に流すため爆破作業を実施した。

舟曲県の標高は平均約1800メートル、人口は約13万人で、約3分の1はチベット族という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]