/

この記事は会員限定です

日本に手痛い、オバマ氏懐刀の「栄転」

編集委員 秋田浩之

[有料会員限定]

「ワシントンから彼が去ってしまうと、日米のパイプがさらに細りかねない……」。日本政府の当局者はこんな複雑な表情をみせる。原因は、オバマ米大統領が発表した懐刀の"栄転人事"である。

そのオバマ氏側近とは、マーク・リッパート氏(41)。ヘーゲル国防長官の首席補佐官として、オバマ政権の安全保障政策のかじ取りを担ってきた重要人物だ。

ところが、その彼はまもなくワシントンを去り、韓国に赴任する見通しになっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン