/

AKB総選挙、選抜メンバー16人中15人を的中させた「ビッグデータ予測」

アイドルグループAKB48の「選抜総選挙」後、記念写真に納まる16位までに入ったメンバー。前列中央は1位の大島優子さん=6日夜、東京都千代田区の日本武道館

2012年日6月6日に日本武道館で行われた「第4回AKB48選抜総選挙」は、過去3回のうち2回センターに輝いた前田敦子の卒業発表による出馬辞退で、跡目争いが注目された。開票に先立って、スポーツ紙からAKBファンを自称するタレント、リサーチ会社までさまざまな事前予想が繰り広げられたが、中でも精度の高さを誇ったのが、ブログクチコミ件数などから算出した"ビッグデータ予測"。選抜メンバー上位16人中15人の顔ぶれを的中させていた。

デジタルマーケティングコンサルティング会社のルグラン(東京都渋谷区)が、総選挙2日前の6月4日に発表した「データで予測する2012年第4回AKB選抜総選挙」がそれだ。大島優子のセンター返り咲きはもちろんのこと、2011年の9位から4位に躍進した指原莉乃を大胆にも3位と予測するなど、かなり精度の高い内容だった。ちなみに予測が外れたのは、20位と予測した梅田彩佳が16位に飛び込み、替わりに13位と予測した高城亜樹が17位に下がった、この1カ所だけである。

左から「総選挙最終結果」「ビッグデータ予測(ルグラン)」「Google+ファン数」「政見放送(アピールコメント)動画再生回数(YouTube)」「mixiファンコミュニティ参加者数」「ヤフー検索数」。表中の青地はビッグデータ分析で16位圏外だったメンバー

予測順位と最終結果の間にズレはあるものの、上位16人中15人を当てるのは、ファンでも決して簡単なことではない。日刊スポーツは芸能記者とデスクの5人が予想を出していたが、みな2人以上外している。

なお参考値として、Google+のファン数、YouTubeで公開している政見放送(アピールコメント)の動画再生回数、mixiのファンコミュニティ参加者数、ヤフーの検索数にも注目してほしい。16位圏外だったメンバーは青地で表示した。比較してみるとビッグデータの精度はやはり高い。mixiも15人的中ではあるが、躍進した指原莉乃が伸びておらず、どちらかというと2011年の総選挙結果に近い順位でそこからあまり変化していないとも言える。

得票数をズバリ予測

このビッグデータが他のあまたある予想と違うのは、単なる順位予想ではなく、メンバー個々の得票数を予測することで順位を出している点にある。予測に当たってルグランは、以下の項目について各専門会社から過去3年間の総選挙前約70日間のデータ提供・協力を得て、分析した。

・クチコミマーケティング支援のホットリンク(東京都千代田区):ブログやTwitter、掲示板などにメンバーの名前が書き込まれた件数やその評判

・テレビ放送データ調査業のエム・データ(東京都港区):メンバーのテレビ番組・CM出現時間

・ネット視聴率調査のビデオリサーチインタラクティブ:AKB48公式サイトやGoogle+の各メンバーページへのアクセス数

そしてこれら各メンバーのデータと最終得票数との関係を解析した結果、以下の方程式を導き出した。

得票数≒ブログクチコミ件数×2.75+CM登場分数×4.47

ブログに名前が書き込まれた件数に比例して得票数が増え、CMに出演しているメンバーはそれがプラスアルファとなって上乗せされる、といった比較的シンプルな式である。ルグラン代表取締役の泉浩人氏は、「Twitterの投稿数も興味深い傾向が出ていたが、昨年より件数が数倍増えていたため、票数予測に使うには向かなかった」と語る。

「前田票の行方」も換算

なお、出馬辞退した前田敦子の予測得票数を割り出し、これがどのメンバーに回るか、いわゆる「前田票の行方」についても盛り込んでいる。AKB48公式サイトの前田敦子ページを見ている人がほかにどのメンバーのページを見ているかを洗い出し、これを全体が100になるように調整した値を「前田票の流出割合」として、各メンバーの予測得票数に上乗せした。ちなみに流出割合が多かったのは、板野友美、大島優子、小嶋陽菜、高橋みなみといった面々だったという。

こうして割り出した「ビッグデータ予測」が1位指名したのは、大島優子。しかし予測得票数は12万186票で、昨年トップの前田敦子13万9892票、および2位だった自身の12万2843票をも下回る数字だった。そして開票結果は1位大島優子で10万8837票。昨年よりトップ得票数が下がる傾向は見事に当てた。

もっとも、ビッグデータが傾向をつかみきれなかった部分もある。2位と予測した篠田麻里子は5位、同4位の板野友美は8位に終わり、予測票に達しなかった。反対に6位と予測した柏木由紀が3位、同7位の渡辺麻友が2位と予測よりも票を伸ばした。また、19位と予測した松井咲子は53位に終わった。

例えば、既にテレビCMやモデル活動などで一本立ちしている篠田麻里子や板野友美は、一般支持層が多くブログ記事も多くなるが、コアな投票層は"完成形"の彼女らに1人複数票を投じるような熱心な投票活動をしないのではないか、といった仮説は立つだろう。こうした単純にブログ件数だけでは図れない温度差があるとしたら、それをどう見積もって盛り込んでいくか。ビッグデータの精度をさらに上げていくためには、インタビュー調査など定性調査も加えていく必要があるだろう。

収集可能なデータから売れ筋や売れ行きを予測しうるビッグデータは、企業のマーケティング責任者にとって今や重大関心事の1つ。ファン心理をデータで測るAKB48総選挙の得票予測は、身近で格好のマーケティング素材と言えるだろう。

なお今回の総選挙は、選抜上位16位までの投票数は2011年と比べて約5万票減ったが、総得票数は2011年の116万6145票から138万4122票へと22万票弱増加した。それだけ下位メンバーに票が流れたことを意味している。前田敦子vs大島優子のトップ争いという見どころを失った今年、選抜メンバーを40位から64位まで拡大して「ロングテール」部分に注目させ、目論見どおり票を動かした秋元康はやはり策士と言うべきだろうか。(文中敬称略)

(日経デジタルマーケティング 小林直樹)

[日経デジタルマーケティング7月号の記事を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン