2019年4月26日(金)

パソコン価格が史上空前の急落 17万円の高機能ノートが9万2000円

(1/2ページ)
2011/4/8付
保存
共有
印刷
その他

パソコンの価格が急落している。その下がり方はまさに前代未聞、衝撃的なプライスが付いている。下の表に示したのは、本記事執筆時点(2011年4月6日)に価格.comで調べたプライス。大手メーカー3社の、上位モデルの売れ筋ノートと、下位モデルの売れ筋ノートについて、それぞれの価格を調べてみた。念を押すが、決して型落ちの古い機種ではない。この春に登場した、れっきとした"最新モデル"の価格である。大手パソコンショップの価格も、ポイント還元を考えれば、下記の価格とほぼ同じ水準だ。

大手メーカーの代表的な機種の価格が軒並み急落

大手メーカーの代表的な機種の価格が軒並み急落

NECの人気定番ノート「LaVie L LL750/DS6B」。発売直後は約17万円だったが、10万円を切る水準まで価格が下がっている

NECの人気定番ノート「LaVie L LL750/DS6B」。発売直後は約17万円だったが、10万円を切る水準まで価格が下がっている

象徴的なのは、NECの「LaVie L LL750/DS6B」が9万円台前半の価格を付けていること。この機種は一番人気の定番ノートだが、『日経ベストPC春号』(2011年3月12日発売)に掲載されている発売直後の価格は16万9800円。ナント、半額ちかくまで下がっている。富士通のLIFEBOOK AH56/CBも当初の17万4800円から9万円台後半と似たような下がり方だ。筆者は、長年この業界をウオッチしているが、これほどの急落ぶりは初めてである。

全体を見渡すと、CPUにCore i5を採用した上位モデルが9~11万円で、Core i3のモデルが8~9万円だ。表には掲載しなかったが、CPUにPentiumを採用した格安ノートは、6万円が当たり前。ちなみに、これはネットブックやCULVではなく、15~16型の液晶を採用したA4ノートにOffice 2010をバンドルした価格だ。デスクトップも同様で、テレビ一体型の低価格モデルは8万円程度、中堅モデルも10~12万円ほどと、あり得ないような安さになっている。20型以上のフルHD液晶を採用したテレビ一体型のパソコンが仮に11万円とすれば、これはテレビとブルーレイレコーダーをセットで購入するよりはるかに安い。

性能の心配も不要で、普通に使うならCore i3のモデルでもほぼ不満はない。仕事用と割り切るならPentiumモデルでも十分だ。Core i5以上の製品は4~5年間は満足して使い続けたいユーザーにお薦めする。

■理由は"二つの特殊要因"が重なったこと

なぜ、これほど下がったのか。メーカーや量販店の関係者にヒアリングをしたところ、どうやら2つの理由があるようだ。1つは、インテルのチップセット問題によって、春モデルの出荷が遅れたこと。しかも、遅れの幅がひと月以上と長かったことから、商戦期がかなり短くなってしまった。ボヤボヤしていると、夏モデルが登場してしまう。メーカーも店舗側も短期間で売り切らなければならない。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報