極北の孤島に生きる ホッキョクグマの楽園・ウランゲリ島
ナショナル ジオグラフィック日本版

(1/2ページ)
2013/5/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 雪と氷に閉ざされたロシアのウランゲリ島は、人間を簡単には寄せつけない野生動物たちの聖域だ

霧が晴れた。北極圏のまばゆい光に照らされて、島の輪郭がくっきりと浮かび上がる。東西150キロほど。ツンドラの大地に点々と花が咲き、山々が黄金色に輝いている。

「こんにちは。ようこそウランゲリ島へ!」

監視員の声は、わざとらしく思えるほど明るい。太陽と人間との接触に飢えた若者のようだ。「1年のうち9カ月は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]