グーグル、地震や津波などの災害情報の提供サービス開始へ

(1/2ページ)
2013/3/7付
保存
共有
印刷
その他

グーグルは2013年3月7日、地震などの災害情報を提供する新サービス「Google災害情報」を発表した。

災害発生時に、Google検索やGoogleマップで「津波」「地震」などのキーワードを入力すると、マグニチュードや震源地、津波警報などの情報を表示する。災害発生地域の地名で検索しても同様の画面になる。さらに「詳細」ボタンを押すと、各地の震度や警報・注意報の発令状況などを地図上で確認できる。

地震発生時に地名や「地震」というキーワードで検索すると、地震の概要が表示される。画像は同社のブログより。

地震発生時に地名や「地震」というキーワードで検索すると、地震の概要が表示される。画像は同社のブログより。

上図で「詳細」ボタンを押すと、地域ごとの震度や警報の発令状況を地図上で確認できる

上図で「詳細」ボタンを押すと、地域ごとの震度や警報の発令状況を地図上で確認できる


データは気象庁が提供しており、グーグルでは気象庁がデータを公表してから、1分以内にGoogle災害情報にも反映する方針だ。「テレビ局など比べても遜色ないスピード」(グーグルの河合敬一氏)だという。米国では、2013年1月から同様の機能が「Google Public Alerts」として提供されている。

このサービスは、スマートフォンやタブレットでも利用可能。Android搭載の携帯端末では、情報の自動配信サービスである「Google Now」や、「マップ」機能でも災害情報を表示できる。例えば、現在いる場所で災害が起これば、スマートフォンの現在地情報を基に、その地点で出ている警報などの情報をGoogle Nowに表示する。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]