/

この記事は会員限定です

現代自動車、「日本車キラー」は成長の踊り場

ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

[有料会員限定]

米国市場で「日本車キラー」と呼ばれた韓国・現代自動車が成長の踊り場を迎えています。2013年までは米国、新興国を中心に破竹の勢いで販売を伸ばし、日本メーカーのシェアを奪っていたのが、現在は世界販売の伸び率が急速に落ちています。起亜自動車を含めた現代自グループに何が起こっているのか、考察してみます。

すでに「脅威」ではない

先に結論を言えば、強力なライバルには変わりないのですが、現在の現代自グループの怖さは減衰し始めており...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン