一流ホテルに学ぶ「すっきり心地よい敬語」

(1/5ページ)
2012/8/17 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

数多くのVIPも利用する東京・目白のフォーシーズンズホテル椿山荘東京。「美しい日本語も商品の一つ」と位置づけ、正しい敬語や、マニュアル通りではない心地のよい敬語表現を追求している。

フォーシーズンズホテル椿山荘 東京では、5年前から「正しい日本語を美しく話す」運動を行っている。きっかけは利用客からの「一流の結婚式場だと思っていたのに、コンビニで聞くような敬語が混じっている」という指摘。真摯に受け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]