2018年7月17日(火)

万一に備え PCファイルがっちり守る 容量無制限のオンラインストレージ(下)
フリーライター 竹内 亮介

(1/4ページ)
2014/5/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

 AOSテクノロジーズは4月7日、容量無制限のオンラインストレージが利用できるファイルのバックアップサービス「AOSBOX Cool」を開始した。前回はその特徴と他社サービスとの違い、導入方法などを解説した。今回はバックアップしたファイルの状況やスマートフォンなどとの連携機能、バックアップしたファイルをパソコン上に復元する機能を紹介していこう。

■容量無制限、秘密は「コールドストレージ」

容量無制限のオンラインストレージが利用できるAOSBOX Cool

容量無制限のオンラインストレージが利用できるAOSBOX Cool

 AOSBOX Coolでは、バックアップしたファイルの状況を、パソコンのウェブサイトやスマートフォンのアプリから確認できる。ウェブサイトにアクセスし、IDとパスワードでログオンすると、バックアップしたファイルがフォルダー構造ごと保存されていることがわかる。

 オンラインストレージサービスでは当たり前の機能ではある。ただ、マイクロソフトのワンドライブやグーグルのグーグルドライブと違い、保存されたファイルのダウンロードには3~5時間と、長い時間がかかる。これはAOSBOX Coolが、「コールドストレージ」というタイプのオンラインストレージであることに起因する。

Cドライブ以下のフォルダーに、バックアップしたファイルが保存されている

Cドライブ以下のフォルダーに、バックアップしたファイルが保存されている

 コールドストレージとは、テープドライブなどコストは非常に安いが、アクセス速度が遅いストレージデバイスを使ってファイルを保存するソリューションのことだ。ファイルのダウンロード速度や応答性は低いので、更新頻度やアクセス頻度が低いファイルの保存に適している。

 これに対し、ワンドライブやグーグルドライブでは、パソコンでも使われているHDDやSSDなど、容量あたりのコストは高いが応答性とダウンロード速度に優れるデバイスを使う。その特性からファイルの更新頻度やファイルの応答性を重視するサービスで利用される。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報