「誤ファイル適用」「管理テーブル枯渇」 ドコモが二つの通信障害で会見

(1/3ページ)
2012/8/7付
保存
共有
印刷
その他

NTTドコモは2012年8月7日、7月25日と8月2日に発生した通信障害に関する記者会見を開催した。

写真1 NTTドコモの岩崎文夫代表取締役副社長

写真1 NTTドコモの岩崎文夫代表取締役副社長

岩崎文夫代表取締役副社長は会見の冒頭で、「昨年(2011年)6月以降発生した一連の通信障害によって1月に総務省から行政指導を受け、再発防止策に務める中、今回の障害を起こしてしまった。ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げる」と頭を下げた(写真1)。続いて、両日に発生した通信障害の原因と対策について説明した。

■更新時の誤ったファイル適用による運用ミス

7月25日に発生した障害は、「spモード」の各種設定に関するトラブル。同日午前1時41分~午前9時14分の間、メールや無線LANなどの設定を変更できる画面にアクセスできない、もしくは、他ユーザーの設定情報が表示される事象が起きた。

原因は、spモード設定用サーバーのソフトウエア更改時の運用ミス。spモードシステムは、契約者数の増加に伴い、A面とB面という同じ機能を持つ二つのサーバー群で運用する体制をとっている(写真2)。これらに約1200万人のspモードユーザーを約600万人ずつ収容。端末に電源を入れたときのエリア(場所)によって、A面とB面のどちらに収容されるのかが決まる。

写真2 7月25日に発生したspモード各種設定のトラブルの概要

写真2 7月25日に発生したspモード各種設定のトラブルの概要

7月24日にA面サーバーのソフトウエア更新を実施し、翌25日にB面サーバーを更新。ここで誤ってA面用の各種設定ファイルを適用してしまったという。これにより、B面サーバーに収容されたユーザーYが各種設定を参照した場合に、A面サーバーの収容管理テーブルに収められた別のユーザーXの設定を参照する事態となった。

もっともこの状態でも、ユーザーYはユーザーXのパスワードを入力しなければ設定を変更できないないし、ユーザーYがユーザーXのパスワードを知るよしもない。ところが「パスワードを初期設定の『0000』のまま利用していたユーザーが6割近くいた」(岩崎副社長)ため、メールアドレスや無線LANの設定を変更されるユーザーが実際に発生することとなった。

NTTドコモの調査によると、メールアドレスや無線LANなどの設定が変更されたのは約780人、迷惑メール設定などが変更された人数は約4600人。これらは変更されたユーザー(A面サーバーに収容されたユーザー)であるため、設定を変更したユーザー(B面サーバーに収容されたユーザー)を含めると、影響を受けたユーザーはその2倍となり、全体で1万人強となる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]