/

この記事は会員限定です

スマホにかき消される「子供たちの悲鳴」

[有料会員限定]
 以前はネット依存と言えばパソコンを念頭に置く場合が多かったが、スマートフォン(スマホ)の普及が依存の連鎖を広げる――。スマホを肌身離さず持ち歩く「スマホチルドレン」の実態を、中学校での生徒指導経験が豊富な兵庫県立大学の竹内和雄准教授が明らかにする本連載。今回は、スマホの普及によってネット依存に陥る子供が連鎖的に増える過程を見ていく。さらに筆者は、社会に居場所を見つけられない子供の逃げ場所がスマホになってきているという現実にも真摯に向き合うべきだと指摘する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4964文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン