台風8号、沖縄に特別警報へ 「数十年に1度の強さ」

2014/7/7付
保存
共有
印刷
その他

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域、赤円の範囲は風速25 m/s以上の暴風域。白の点線は予報円、薄い赤のエリアは暴風警戒域

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域、赤円の範囲は風速25 m/s以上の暴風域。白の点線は予報円、薄い赤のエリアは暴風警戒域

大型で非常に強い台風8号は7日、勢力を強めながら、沖縄の南海上を北西に進んだ。8日には中心付近の最大風速が54メートル以上の猛烈な台風になって沖縄に接近する恐れがある。

気象庁は7日、台風が「数十年に1度の強さ」で自然災害が見込まれる際の「特別警報」を同日夜にも沖縄を対象に発表することを検討。実際に発表されれば、昨年8月末の運用が始まって以降、台風による基準では初となる。

台風は、8日午前に沖縄県の宮古島に接近した後、進路を東寄りに変えて、6日から大雨が続く九州付近へ進む見通し。気象庁は、暴風や高波のほか土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫などの災害に厳重な警戒を呼び掛けた。

激しい雨が降る福岡市の繁華街・天神(7日午前)=共同

激しい雨が降る福岡市の繁華街・天神(7日午前)=共同

気象庁によると、沖縄では8日にかけて風が強まり、最大風速が久米島で55メートル、沖縄本島で50メートルの猛烈な風が吹き、最大瞬間風速も75メートルに達するところがある見通し。波の高さは最大で14メートルになると予想される。鹿児島県の奄美地方でも風速25メートル以上の暴風域に入る可能性がある。

九州は6日から7日にかけ、梅雨前線の影響によって、鹿児島県さつま町で1時間に88.5ミリの猛烈な雨を観測するなど各地で大雨となった。長崎、熊本、鹿児島各県では総雨量が200ミリや300ミリを超える地点も相次ぎ、一部には土砂災害警戒情報が出された。

台風8号の接近で気象庁が会見。「今夜にも沖縄地方に特別警報の可能性」(テレビ東京)

台風8号の接近で気象庁が会見。「今夜にも沖縄地方に特別警報の可能性」(テレビ東京)

台風は7日午前9時現在、沖縄の南海上を時速約20キロで北西へ進んだ。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径200キロ以内が暴風域となっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]