/

この記事は会員限定です

ネットに漏れる中国指導部の「反米」の本音

論説委員 飯野克彦

[有料会員限定]

この秋、中国のネット空間に出回った記録映画が話題を呼んだ。題名は「較量無声」。素直に訳せば「声なき力比べ」といったところ。米国が中国共産党政権を倒そうと常に陰謀をめぐらしているので警戒せよ、と訴える、反米色の濃い映画だ。

関連記事
・8月21日人民日報「努力把宣伝思想工作做得更好」
・10月31日NYTimes.com“Strident Video by Chinese Military Casts U.S. as Menace”
・11月1日YouTube“Contest a Silent”(較量無声)
・11月4日文学城「網伝習近平“8.19”講話全文 殺気騰騰」

中国軍内の最高学府というべき国防大学や、軍内で諜報活動を担当する総参謀部第3部などが、共同で制作したとされる。軍内の教材として使うため、との見方が強い。なぜネットに流出したのかは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン