/

ギリシャ、公務員1万5000人削減 12年中に

EUやIMFなどの要求受け入れ

【ローマ=共同】ギリシャからの報道によると、同国政府は6日、ギリシャを金融支援する欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)などの要求を受け入れて、2012年中に公務員1万5千人を削減すると発表した。

ギリシャ、公務員1万5000人削減(テレビ東京)

ギリシャ、公務員1万5000人削減(テレビ東京)

今回の公務員削減は、EUとIMFによる総額約1300億ユーロ(約13兆円)に上る第2次支援の実施条件の一つ。EUなどは民間企業の最低賃金引き下げや、政府の歳出削減による新たな緊縮策なども要求しており、ギリシャの連立与党内の意見調整が続いている。

ギリシャ政府によると、12年中の公務員削減は主に採算の取れない公社の解体や、その人員削減により実施される見通し。同国は昨年、15年までに公務員15万人を削減すると公約したが、これまでほとんど実行に移されておらず、EUなどからあらためて要求を突き付けられていた。

アテネでは6日、共産党系の労働組合員ら約4千人が政府とEUなどが交渉を進める緊縮策への抗議集会を開いた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン